北海道の田園文化を創造する。辻野建設工業株式会社

資料請求はこちら

北海道の田園文化を創造する。ツジノムラ

お知らせ
  • 月間アーカイブ

「雪庇」

毎年この時期には厄介な「雪庇」ができます。無落雪、落雪屋根問わず風下方向に成長します。

冬は基本的には北西の風が強いのでその風下にできることになるのですが

いろいろな要因(周りの建物、山や木など、)で風向きが変わることもよくあります

因みに、今年は北西の風よりも西風が強いのか雪庇のできる方向も例年と違うように思います

防止方法はヒーターや雪庇切り金物などがありますが、設計時にはよく検討するよう

心がけています。

imagesMD67EIP5

 

 

当別町売地情報

007

価格:¥3,000,000-

面積:350.32㎡(106坪)

所在地:石狩郡当別町北栄町4番7

用途:第1種低層住居専用地域

建ペイ率:40%

容積率:60%

上下水あり

最寄駅:JR石狩当別 徒歩5分

 

お問い合わせ先:辻野建設工業(株) 営業 中野 まで

電話:0133-23-2408 メール:n-tomo@tsujino-gr.co.jp

 

宅建番号 北海道知事免許 石狩(4)第6523号

新年明けて

遅くなりましたが、新年初投稿です。

 

旧年中はひとかたならぬご厚情をいただき、誠にありがとうございます。

たくさんのお客様との出会い、支えられ、心より感謝申し上げます。

本年も変わらぬお引き立て、一層のご愛顧のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

辻野建設工業 社員一同

注文住宅ができるまで⑤

「注文住宅ができるまで」①~④では、具体的な間取りを考えるまでの下準備について

お話ししてきました。

さて、いよいよ間取りを考える段階ですが、その前に。

 

弊社の注文住宅では、910モジュール(ひとマスが910mm=91cm=0.91m)と呼ばれる

サイズを採用しております。

いわゆる「尺寸法」と呼ばれるモノで、日本では昔から使われてきた単位です。

日本で市販されている建材の多くはこの尺寸法に則ったサイズなので、

この単位で間取りを考えていったほうが材料的・価格的にムダのない計画となります。

 

柱の芯(中央)、壁の芯から芯で910mm、倍にすると1820mm。

約303mmで1尺なので、910mmだとだいたい3尺、倍の6尺で1間(けん)。

1間×1間=1坪となり、その半分が1畳(畳1枚分)です。

・・・なんだかアタマが混乱しそうですが、詳しくは弊社スタッフにお聞きください(笑)。

尺や間、坪といった単位は建築・不動産、その他のギョーカイでもまだまだ使われているのですが、

最近の日常生活では少し馴染みが薄いかもしれません。

 

最近ではご自身で間取りの原案を考える方も多くいらっしゃいます。

弊社では原案を元に、構造上(地震・雪に耐えられる!)、法規上(法律に違反しないように!)

のチェックを行った上で間取りをご提案させていただきます!

 

DSC_10852

 

当社Pinterestページ紹介

WEB上の写真を、保存やピン・リピン・いいねが押せるSNSサイト、

ピンタレストに当社のページを作成しております。

 

主に当社社長が気になった写真や好きなテイストの写真を

ボードやピンにし、保存しております。

 

新築やリフォームでお悩みのみなさまの参考に、よろしければ覗いてみてください♪

 

下記クリックでページへ↓

 

辻野建設工業株式会社 Pinterest ページ